米ドル外貨預金よりも魅力的なFXスワップポイント!投資初心者は米ドル外貨預金感覚で利息を得るスワップポイントがおススメ♪

外貨預金の利息とFXのスワップポイントはどっちが得?

外貨預金は金利が高くて利息がたくさん付くのが魅力ですよね!
FXも毎日利息が増えるスワップポイントがありこちらも魅力があり人気があります。


アメリカドルの外貨預金とFXのスワップポイントでは、どちらも同じ金利で受け取る利息も同じと思いますよね!

よく調べてみると明らかにFXが有利だとわかりました。


大手銀行のアメリカドルの金利です。

金融機関米ドル金利1年間の利息(100万円預金)
三菱東京UFJ銀行0.01%100万円×0.01%=100円
三井住友銀行0.01%100万円×0.01%=100円
みずほ銀行0.03%100万円×0.03%=300円
1ドル100円の場合
1万通貨(100万円の預金)
100万円×0.01%=100円
100万円×0.03%=300円


一方FXは金利の表示はなく1日につくスワップポイントの金額が提示されています。

DMM.com証券やセントラル短資FXは1日に5円。
フォレックストレードやクリック証券では、1日6円のスワップポイントがつきます。

FX会社スワップポイント1年間のスワップポイント
DMM.com証券5円5円×365日=1,825円
セントラル短資FX5円5円×365日=1,825円
クリック証券6円6円×365日=2,190円
1ドル100円の場合
1万通貨(100万円)
5円×365=1,825円
6円×365=2,190円

これだけを見てもFXがすごく得するのがわかります。


その他にも、外貨預金では満期日まで金利は一定ですが、FXのスワップポイント日々変動しているので金額も違っています。

アメリカの金利が上がればリアルタイムで反映されスワップポイントも多くなります。
逆に、アメリカの金利が下がったり日本の金利が上がった場合には、スワップポイントは少なくなります。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0
株