米ドル外貨預金よりも魅力的なFXスワップポイント!投資初心者は米ドル外貨預金感覚で利息を得るスワップポイントがおススメ♪

レバレッジ

FXの最大の特長が少ないお金を元手に、大きな資金で運用できることです。

1万円を10万円、2万円を50万円というように何倍もの金額にすることをレバレッジをかけるといいます。

FXではよく1倍・10倍・100倍・200倍など聞くと思いますが、この倍率がレバレッジです。


10万円の資金にそれぞれ倍率のレバレッジを掛けると次のようになります。

資金レバレッジ投資金額
10万円1倍10万円
5倍50万円
10倍100万円
20倍200万円
50倍500万円
100倍1千万円
200倍2千万円

現在は最高レバレッジは50倍までに規制されています。
2011年8月からは最高25倍になっています。


このレバレッジをかけた金額を見ると怖くなると思います。

でも、レバレッジをキチンと理解すると安全に資産運用することができます。


レバレッジの見方を変えるとFXのリスク管理ができるようになります。

レバレッジは外貨を実際に運用している投資金額の何%として見ます。

1ドル100円の場合
1万通貨×100円=100万円

投資金額レバレッジ必要資金
100万円1倍100%100万円
5倍50%20万円
10倍10%10万円
20倍20%5万円
50倍5%2万円
100倍1%1万円
200倍0.5%5,000円

レバレッジ1倍だと銀行の外貨預金と同じになりまます。
レバレッジ10倍だと、10万円で外貨預金100万円していること同じです。
レバレッジ100倍だと、1万円で外貨預金100万円していること同じです。


初心者が陥る危険性
レバレッジを高くすると少ない金額で運用できるため手持ちの資金が余ります。
この余った資金を使ってさらに投資することがFXのリスクを大きくします。

まず初心者は、1万通貨以上は取引しないようにします。


1万通貨も取引するのは怖い人というは、1000通貨から取引できるサイバーエージェントFXや外為どっとコム、FXブロードネットがおススメです。

それでもまだ怖い人には、100通貨から取引できるマネーパートナーズがあります。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0
株